業界ニュース

2019年8月20日配信

Plus Art インテリアと睡眠の関係のデータ化目指しクラウドファンディング

アート的暮らしを提案
アート的暮らしを提案

 インテリアコーディネーターを中心とする13人のメンバーで結成したPlus Art推進会では、「クライアントの暮らしを、インテリアやアートを通し、心身ともにもっと豊かにすること」を目的とし、インテリアと健康・インテリアと感性の関係性の勉強会などを行なっているが、「寝室のインテリアが、睡眠の質にどう影響するか」というテーマに関し、実際にデータを取って見ることが必要ではないかとの問題意識からプロジェクトを立ち上げ、活動費調達のためにクラウドファンディングを展開している。

 これまで「色と睡眠」「明るさと睡眠」の研究結果はいろいろと報告されてきたが、今回はトータルコーディネートされたインテリアがもたらす「好きなものに囲まれて幸せな気分で眠れる」「調和のとれた寝室でくつろげる」といったクライアントの感覚的な表現を具体的な数値として可視化し、健康に効果をもたらしている根拠を示すことで、インテリアを社会問題の一つの解決策として、広めていくことができるのではないかとしている。

 調査方法は公募により選んだ5組10名のモニターから、まずインテリアの好みや要望をヒアリングし、リフォームする前の、今まで通りの寝室での睡眠データを、睡眠計測機器で2週間測定した後、ICがモニターの希望をもとに寝室のインテリア提案。2週間ごとに、寝室の壁紙(一部)の張り替え、カーテンの掛け替え、ベッドリネンを一新しクッションを追加、さらにアート、照明を追加というように、一部ずつ段階的に寝室をリフォームして、それぞれの睡眠の質データを計測するという方法で、睡眠計測機器とアプリで取れる、眠りの深さ・血圧・心拍数などから、睡眠の質データをまとめていきたいとしており、同プロジェクト達成によって、インテリアが「睡眠負債」という社会問題解決の一助となる可能性も出てくるのではないかと期待を寄せているという。

 協力企業は日本フィスバ、トミタ、フジエテキスタイル、カラーワークス、日本ベッド、ヤマギワ、フランスベッド、マナトレーディングなど(順不同)。また、今回のプロジェクトは、(公社)インテリア産業協会からも助成金を受けて実施される予定である。
 ちなみに、クラウドファンディングでは今回5000円、1万円、5万円、10万円の各コースが設定されている。9月6日までのall or nothing方式で目標金額は100万円となっている。なお、モニターについても引き続き募集中である。詳しくはサイトにて。

プラスアート推進会のホームページ
https://www.plus-arts.com/
クラウドファンディング
https://readyfor.jp/projects/interior/comments

関連記事

powered by weblio


インテリアビジネスニュース購読案内

インテリアビジネスニュースは、インテリア専門店動向をはじめとするインテリアビジネスの最前線情報から消費者動向に至るまで、幅広く、深くインテリアビジネスに関する情報を発信しています。
より詳しくインテリア業界を知るための必携の専門新聞です。

  • ご購読のお申し込み
  • サンプル紙ご請求

IBNewsグループサイト

インテリアビジネスニュース
月2回発行
インテリア業界専門新聞
カーテン買うならこのお店
カーテンショップ選びの
総合情報サイト
TeaTime - ティータイム
インテリア専門店向け
販促ツール

Get ADOBE FLASH Player
当サイトでは、一部FLASHを使用しております。ADOBE FLASH Player をお持ちでない方は、左バナーをクリックしてダウンロードしてください。

IBNewsnetをフォローしましょう

インテリアビジネスニュース本誌

IBNからのご案内

■IBNニュースメールのお申し込み
業界最新ニュースを配信(無料)
■ニュースリリースの投稿
貴社の最新情報をご投稿下さい
■WEB広告の掲載
広告仕様、及び料金ついて

業務情報

■リンク集

IBN NewsMail 業界最新情報を無料でメール配信
業界最新情報を無料でメール配信いたします。お申し込みはこちら